FC2ブログ

michiko blog

ATELIER PEARLROSE

取り扱いカードから見えてくるもの

夏の間、炎の猛実験をしてから、今になりその成果を次の教室で伝える時がきました。晴れて作品として形になり、そして教室の最後に渡します取り扱いカードの作業も終えて。

実験の目的は、当初多くを望まない純粋で最小限のものですが、納得のいく結論へ辿り着くための試行錯誤で、前後左右と想像以上に枝葉に分かれた実験になることは、常にあることです。実験している期間は、観察から離れたトイレやシャワーを浴びている時も、「なぜ」や「いかに」を自問自答しながら、次への実験条件を考えます。

実験で心がけていることは、常に最後の実験だけを意識せず、時折、今までの実験を全て総復習すること。膨大な量の実験になればなるほど、道すがらの私自身の思考を振り返ることが、案外結論が早まることが多くある、という経験も積みました。僅かな差による繰り返しの実験の中で、最終的にどうするのか?の結論は、結局、感性によるもので「根拠のある感覚」です。

私の実験そのものの目標は、「最小限の時間とシンプルな材料で、最大の結論を、楽しみながら得る」こと。努力や忍耐力を試す場ではない…そのように意識しないと、ひとりで何十年と実験は続けられないかもしれません。

試行錯誤の末に、漸くひとつの作品(炎)を生みだした作者は、その全てを知っています。その作品の性格と扱い方や楽しみ方を知るのは、作者の右に出るものはいない。そう願っています。そのため、もし作品が作者から離れる時は必ず、知りうる限りの全てまとめて、取り扱いカードに記し添えます。取り扱いカードは、作品の奥に隠された「ものづくりへの姿勢」が読み取れるものです。

cfa.jpg
スポンサーサイト


  1. 2018/10/03(水) 21:49:00|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  1. 無料アクセス解析

プロフィール

笹本道子

ワックス・キャンドル アーティスト
笹本道子

公式ホームページ:
http://www.pearlrose.com

カレンダー

09 |2018/10| 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索