michiko blog

ATELIER PEARLROSE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あいさつ(挨拶)の思い出

私が小学校低学年だった頃
毎朝登校すると、用務員のおじさんが椅子や机を直していました。
用務員室は、学校の玄関近くにあり、
狭く暗い室内でひとり、いつもドアを開けて作業をしていました。

私は、毎朝その前を通り、
「おはようございます」と元気に挨拶をしました。
学校も先生(大人)も嫌いでしたが、この時は、笑顔になれる瞬間です。
その返す優しい笑顔で、学校生活を乗りきったと言っても良いでしょう。

学校帰りは 背後から「さようなら」と 振り返り際に挨拶をして貰い、
その自転車を漕ぐ姿を、曲がり角まで目で追いながら帰りました。

私の小学校は1クラス42名前後が5クラスあり、
全学年で1200名以上の大きい学校した。
用務員の仕事は、さぞ忙しかったに違いありませんが、
70代後半でボランティアだったのだろうと思います。
担任の先生には目が合わない日があっても、必ず目が合う人で、
当時は、私を温かく見守ってくれる人だと感じ、
同時に仕事への感謝を、挨拶に代えていたんだと思います。

3年生になった頃のある日、私が帰宅すると母が言いました。
用務員のおじさんが家に来て、
「こちらの娘さんに、いつも元気に挨拶をしてもらい嬉しかった」と仰り、
今日で仕事を辞めることを告げに訪ねられました。
これが私への最後の挨拶でした。

めったに褒めない母から、私は褒められたようで嬉しく感じましたが、
もう学校で用務員のおじさんに会えない寂しさといったら…
当たり前の挨拶が、その時から貴重な行為に変わりました。

私の娘には、挨拶の魅力を伝えています、
笑顔が忘れられない、この思い出とともに。

スポンサーサイト


テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2016/11/14(月) 11:25:25|
  2. ひとりごと
  1. 無料アクセス解析

プロフィール

笹本道子

ワックス・キャンドル アーティスト
笹本道子

公式ホームページ:
http://www.pearlrose.com

カレンダー

07 |2017/08| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。