michiko blog

ATELIER PEARLROSE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Olive少女

私が昔、愛読していた雑誌が、今月号で2回目の休刊になるとのこと。
そこで、今回はこちらの雑誌と当時の私自身の事を少し思い出してみます。

私が「オリーブ」を読み始めた頃は、ちょうど中学2年の頃でしょうか。
当時の私は優等生でも不良でもない、学校の規律や常識等の型にハマる事を嫌う、
他人から見て個性が分かり難い存在。

誰も教えてはくれない、内面的な自我の確立をとても意識していて、
きっと私だけの「哲学」を、いち早く形成したかったのでしょう。

そんな一筋縄ではいかない、素直で純粋な時期に巡り会った「オリーブ」。
ファッションやヘアスタイル等の趣味の範疇から、当時最新のサブカルチャーを発信。
その真髄には、当時主流だったナンバーワン指向ではなく、
オンリーワンを目指す大切さを教えていました。

ゆくゆくは社会に出た時に、来月になればまた入れ替わるかもしれない競争の中の、
ただ一瞬の「位置」ではなくて、「私」にしか出来ない「かけがえのない存在」に
なる方が「スゴクない?」という価値観。
後者の方がある意味、とても難しい方向性を楽しく、いとも簡単に導いてくれたのです。

私が「オリーブ」を愛読していた時期は短く、高校へ入ると徐々に購読しなくなり
ました。それは、その「教え」に影響されたからでしょう。

内面的な個性を伸ばすのは、他ならぬ自分自身からと知った私は、
やがて雑誌が選ぶ「最新情報」ではなく、私自身が目や耳で信じた「私に適したもの」を
選択出来るようになり、そして、私の個性を私自身で形成してゆくようになります。
外見ではない内面的な、何か?を求めて…。

「オリーブ」がたとえ廃刊になったとしても「残念」とは思いません。

中高学校の先生や母親にも決して見つける事が出来ない…、教室の隅で目を輝かせ
「私なり」の将来を探そうとする少女に、
その才能を伸ばすことが出来る次世代の「教科書」が、
また再び創刊される事を望んでいるから。

スポンサーサイト

テーマ:本に関すること - ジャンル:本・雑誌

  1. 2003/06/29(日) 08:28:13|
  2. 全体
  1. 無料アクセス解析

プロフィール

笹本道子

ワックス・キャンドル アーティスト
笹本道子

公式ホームページ:
http://www.pearlrose.com

カレンダー

05 |2003/06| 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。