michiko blog

ATELIER PEARLROSE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あるレストランにて

少し前に、私は恋人と2人でドレスアップをし、フランス料理店へ行ってきました。
通常時の金額ではとても味わえない料理が、この時だけは安くなるという事で
全く興味のない私でも、ドレドレ…と。

そこは一軒家のレストランで、1Fのエントランスには壁ギュウギュウに
大きな絵が所狭しと飾られていました。
それらを見て顔を歪めてしまいましたけど、
とりあえずウェイターにトレンチコートを預け、3Fのレストランへ。

そのフロアでも、低い天井/狭い室内の全面に窮屈そうに具象絵画群が
飾られていました、というよりも、「吊り下げられていた!」
と言った方が適切でしょうか。
とにかく作品達が可哀相。バブル期を象徴とした遺跡的空間に閉じ込められて。
こちらのお店ではきっと、料理の金額に入場料が含まれているみたいね。
料理を待っている間、頭の中で、私だったらどれを外しどこへ移動させようかと、
絵画の配置変えに夢中になっていました。

どんな作品もオーナーを選ぶことは出来ませんが、自ら適する居場所を語っています。

それらの作者が違えば、形体も大きさも主張も変わってくるのは勿論、
飾るべき空間も変わってくるでしょう。
適所かどうかの一つの判断基準として、「その状態で存在感を持って
語りかけてくるかどうか」ということではないでしょうか。
「その作品を理解している」というのは、飾り方で分かるものかもしれません。

…と、料理が出される前の段階としては、
このレストランでの私の評価は良くありませんでした。
しかし、私の意に背いて料理は、盛付も清楚で素晴らしく、味もとても美味しい。
そして、シェリー酒を始め、シャンパン白/赤ワインも。

料理での美的センスはとても素敵でしたが、
しかし「もの言えず、苦しそうにしていた絵画達」の事はどうしても忘れられない。

スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2001/05/11(金) 08:06:25|
  2. 全体
  1. 無料アクセス解析

プロフィール

笹本道子

ワックス・キャンドル アーティスト
笹本道子

公式ホームページ:
http://www.pearlrose.com

カレンダー

04 |2001/05| 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。